視力に問題がある、または視力が変化したと感じたら、眼科検査が必要かもしれません。 視力検査は、総合的な眼科検査の一部です。 子どもはよく視力検査を受けます。 視力の問題を早期に検査し、発見することで、問題の悪化を防ぐことができます。 視力検査にはリスクはなく、特別な準備も必要ありません。

これらの検査は、看護師のオフィスよりも眼科クリニックで行われた方がより高度なものになる傾向があります。 眼科医院では、チャートを投影したり、鏡に映して見せたりすることがあります。 様々なレンズを通してチャートを見ます。 医師は、あなたがチャートをはっきりと見ることができるようになるまで、レンズを交換します。

視力は、20/20のような小数で表されます。 視力が20/20というのは、3m先の視力が正常であることを意味します。 例えば、視力が20/40であれば、40フィート離れた人が普通に見ることができるものを見るには、20フィート離れる必要があることを意味します。 視力が20/20でない場合、矯正用眼鏡、コンタクトレンズ、または手術が必要な場合があります。 また、目の感染症や怪我など、治療が必要な目の病気がある可能性もあります。 検査結果や必要な治療・矯正については、眼科医と相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。