• はじめに
  • プレイヤーとカード
  • 取引
  • プレイ
  • 2枚取り(Twos)。 10と山を消す
  • 終盤戦
  • バリエーション
  • ソフトウェアと特殊カード

はじめに

このゲームは、パレス、カルマ、中国手、テンツースライドなど別の名前で呼ばれることもあります。

このゲームはおそらくスカンジナビアか北欧が起源で、よく似たスウェーデンのゲームVändtia(「ターンテン」)の子孫かもしれませんし、フィンランドのゲームPaskahousu(「糞パンツ」)とかなり密接に関係していると思われます。 20世紀最後の数十年間、あらゆる国籍の若い旅行者(バックパッカー)によって広まり、現在では世界各地に知られています。

シットヘッドは、プレイヤーが最後にすべてのカードを処分することを避けようとする殴り合いのゲームです。 7290>

プレイヤーとカード

2人から5人までプレイできる。 7290>

このゲームでは、52枚のカードからなるデッキが必要です。 カードのランクは高い方から2、A、K、Q、J、10、…です。 2(2にはハイとローがある。下記参照)

Deal

最初のハンドではディーラーがランダムに選ばれます。 ディールは各ハンドの後に時計回りに行われる。

  • ディーラーは3枚の表向きカードを各プレイヤーに1枚ずつ配ります。
  • ディーラーは3枚のカードを各プレイヤーに表向きに配り、1枚ずつ表向きカードを覆います。 プレイヤーは3枚の手札を手に取り、それを見ます。

    プレイの前に、各プレイヤーは手札から好きな枚数を自分の表向きカードと交換することができます。 プレイヤーはプレイするまで表向きのカードを見てはいけません。 (7290>

    カードのプレイ

    最初のプレイヤーは、最初に配られた3枚を表向きで受け取る人です。 3がフェースアップされていない場合は、ハンドで最初に3をコールした人がファーストプレイヤーになります。 7290>

    最初のプレイヤーは、テーブルの上に捨て山を作り、手札から同じランクのカードを好きなだけ表向きに出し、引き山からカードを取って手札を3枚に補充します。 時計回りの順番で、各プレイヤーは捨山の上にカードまたは同じランクのカード一組を表向きに出すか、捨山を拾い上げるかのどちらかをしなければなりません。 プレイするカードは、前のプレイと同じかそれ以上のランクでなければなりません。 これは、最終的に誰かが前のプレイと同じかそれ以上のランクを出すことができなくなるまで、場合によってはテーブルを何周かすることで続けられます。 プレイ後、手札が3枚以下になったら、すぐにストックから引いて手札を補充し、再び3枚になるようにしなければなりません。 手持ちのカードが少なすぎる場合は、その枚数だけ引きます。 7290>

    手番でカードをプレイできない、またはプレイしたくない場合、捨山にあるカードをすべて拾って手札に加えなければなりません。 拾った場合、その手番ではカードをプレイしませんが、次の手番であるあなたの左隣の人が、好きなカードまたは同じカードのセットをプレイして、新しい捨山を作ります。 7290>

    手札がある状態でターンを始める限り、そのターンにテーブルの上にあるカードからプレイすることは許されません。

    ツモ、10、山の掃除

    ツモは常にどのカードでも出すことができ、どのカードでも2の上に出すことができます。

    10はどのターンにも、捨山が一番上でも(あるいは山が空でも)、出すことができます。 10がプレイされたら、捨山はプレイから取り除かれ、10をプレイしたプレイヤーと同じプレイヤーが次の手番を行い、任意のカードまたは同じカードのセットをプレイして、新しい捨山を始めます。

    誰かが捨牌の山の上に同じランクの4枚セットを完成させた場合(一度に4枚全部をプレイするか、前のプレイと同じにするか)、山全体がプレイから取り除かれ、フォーカードを完成させたのと同じプレイヤーが次の手番を行い、任意のカードまたは同じカードのセットをプレイして、新しい捨牌をスタートさせることができます。

    終盤戦

    手札がない状態で手番を開始した場合(前回すべてプレイしてドローパイルが空だったため)、今度は表向きカードからプレイすることができます。 表向きカードのプレイ中に、前のプレイヤーがプレイしたカードと同じかそれ以上のランクのカードをプレイできない(あるいはプレイしたくない)場合、自分の表向きカードの山を1枚追加してから、その山全体を手札にします。 その後、次のプレイヤーの手番となり、任意のカードまたは同じカードのセットをプレイして、新しい捨山を作ることができます。 捨山を拾った後は、手札をすべて捨て、再びテーブルカードからプレイできるようになるまで、その後の手番で手札からプレイしなければなりません。

    表向きのテーブルカードをすべてプレイして、手札がなくなったら、表向きのカードをブラインドでプレイし、自分の番が来たら1枚めくって、山に入れます。 めくったカードがプレイ可能であれば、それをプレイし、次のプレイヤーの手番で、そのカードと同じか、または打ち負かすことができます。 めくったカードがプレイできない場合(前のプレイより低いため)、めくったカードも含めて山全体を手札にします。 その後、次のプレイヤーの手番で、新しい捨山を作ります。 7290>

    手札とテーブルカードをすべて捨てきったら、負けを回避したことになり、ゲームから退場することができます。 最後のテーブルカードをめくったとき、その時点でドロップアウトできるのは、前のプレイに勝っている場合(または空の捨山にめくっている場合)だけです。 最後のカードをめくってそれがプレイできない場合は、山と一緒に拾わなければなりません。 ゲームから脱落した人がいる場合、残ったプレイヤーはプレイを継続します。 最後にカードを持って残ったプレイヤーが敗者(shitheadとも呼ばれる)です。 7290>

    バリエーション

    パックにジョーカーを2枚加えて、6人ゲームも可能です。 ジョーカーは単独でもグループでもいつでもプレイでき、プレイの方向を逆にする(時計回りから反時計回りへ、またはその逆)ことだけが目的です。 したがって、あなたの次のプレイヤーがジョーカーをプレイした場合、手番はあなたに戻り、あなたは自分の前のプレイに勝つか、パイルを取るかしなければなりません。 ジョーカーはワイルドではないので、他のカードと組み合わせてプレイすることはできません。

    別のディール方法がよく使われます。まず、3枚のカードの列を各プレイヤーに裏向きで配り、次に6枚のカードの手を各プレイヤーに裏向きで配ります。 プレイヤーは自分の手札を見て、6枚のカードの中から好きな3枚を選んで、伏せた3枚のカードの上に表向きに置きます。 7290>

    このゲームは敗者ではなく、勝者を決めるために行われることもあります。 その場合、最初に手札とテーブルカードをすべて処分したプレイヤーが勝者となります。

    「10はいつでも出せる、捨て札の山はクリアできる」という遊び方をする人もいます。 (

    終盤、テーブルに表向きのカードがあり、手札がない場合、表向きのテーブルカードをプレイできないプレイヤーは、表向きのテーブルカードをすべて残してプレイパイルを拾うだけでよいとするプレイもあります。

    • 7がプレイされたとき、次のプレイは7以下か8(後述)か10(10はいつでもプレイ可能)でなければなりません。
    • 8がプレイされると、プレイの方向が逆になります(したがってその機能は、主説明でのジョーカーの機能と同様です)。 このバリエーションでは、8はどのカードでも出すことができます。 8は透明です。8でプレイするときは、その下の8でない最初のカードを倒さなければなりません。 8が空のテーブルにプレイされると、通常と逆になり、どのカードでも倒すことができます。 7の上に8がプレイされた場合、7をプレイした人が、それより低いカードか同じカード(あるいは別の8か10)をプレイしなければなりません。 違いは以下の通りです:
      • ゲーム開始時に自分の伏せカード3枚の上に表向きにカードを置くとき、同じランクのカードが2枚以上あれば、同じカードの上に表向きに置くことができます。 それでも3枚の伏せ札の上にそれぞれ表向きのカードを置くので、同じカードを2枚以上重ねてしまった場合は、手札が3枚以下になります。 ここで、ストックからドローして手札を3枚に補充します。 さらに、表向きのカードと同じランクのカードを引いたら、それも表向きにして、同じカードの上に置いて、また3枚に補充します。この作業は、同じカードを出し続ける限り、繰り返し行うことができます。 同じカードを出し続ける限り、このプロセスを繰り返すことができます。 終盤では、同じ山にある同じ表向きのカードのセットは、グループとして一緒にプレイされます。
        例 A、K、K、J、J、9の6枚の見えるカードがあり、エースを1枚、キング2枚を別のカードに、ジャック2枚を3枚目に表向きに置きます。 手札は9だけなので、ジャックと6の2枚を手札から引かなければなりません。 ジャックをジャックの上に置き、もう一度引いて、もう一枚ジャックを出します。 これもジャックの上に置き、また引いて6を出します。 この時点でストップしなければなりません。 あなたの手札は、9、6、6です。 この4枚のジャックは終盤でテーブルを片付けるのに役立ちます。
      • プレイヤーが前のプレイに勝つ代わりにピックアップした場合、次のプレイは前のプレイヤーによって行われます。

      William J Puttは次のような違いのあるバージョン(地元ではSmegheadと呼ばれています)を説明しています。

    • 最初に各プレイヤーは4枚のカードを裏向き、4枚のカードを表向きにして、4枚の手札を持ちます(3、3、3ではなく)。
    • 最初に10を出すかフォーカードを完成させて山を片付けた人は「フラッシュ」者と呼ばれ、今後これが起こるたびに山を片付けなければなりません。
    • Chris Winterの報告によると、West Kent College(イギリス)では、Smegheadは2~3人のプレイヤーで、1つのパックで5枚ずつ表向き、裏向き、5枚の手札でプレイされていたそうです。

      Jane Guarducciは以下のバリエーションを投稿しています:

    1. 7はどんなものの上にも出すことができ、「グラス」であり、次のプレイヤーは7の前のカードに合法的に出すことができたカードを出さなければならないことを意味しています。 例えば、7がエースの上にプレイされた場合、次のプレイヤーはエースを倒さなければなりません。 8がプレイされた場合、次のカードは8より小さいか、別の8か、ジョーカーでなければならない。
    2. 「10」は「8」以外のカードの上に出すことができ、通常通り山がきれいになります。 10を出したプレイヤーは空のテーブルで再びプレイします。
    3. ジョーカーはどんなものの上でもプレイでき、次のプレイヤーは手番を失います。 2人だけの場合は、ジョーカーを出したプレイヤーはすぐに別のカードを出します。 2人以上のプレイヤーのゲームでは、ジョーカーは3つのうち1つの方法で扱われます:グラスとして(7のように)、または7の値で、または2の値で。議論を避けるために、これらのバリエーションのどれがプレイされているかを開始前に決定してください。 ただし、最初のカードが前のカードに勝っていなければなりません。
    4. 2人以上のゲームでのオプションルール: 山を拾ったとき、次のプレイヤーに渡すのではなく、前のプレイヤーに戻す。

    ツイスト・シットヘッドは、ほぼすべてのカードに特殊効果がある凝ったバリエーションです。 これはGalbraith/Lewis/Constance/Mabely (1993)によるもので、説明はPaul JaYmes (1997)によるものです。

    Reverse ShitheadはAndrew Duthieによるもので、前のプレイヤーのカードを叩くことが強制されるが不利な逆相が含まれています。 MukavaとPiinaという2種類のフィンランド語のルールが、彼のウェブサイトのアーカイブにあります。

    David Driscollは、イリノイで4枚の手札でTen-Two Slideをプレイしたと報告していますが、通常の3枚のカードを裏向き、3枚のカードを表向きに各プレイヤーに配っているそうです。

    読者から寄せられた他のバリエーションは、 pagat.com の Invented Games セクションの Shithead Variations ページにリストアップされています。

    ここに、Shit-Boot として知られるバリエーションを説明したウェブページのアーカイブを掲載します。

    Shithead Software and Proprietary Shithead cards

    Einar Egilsson は、1 人のコンピュータ相手とオンラインでプレイできる無料の Shithead プログラムを公開しました。 このバージョンでは、5がどんな高いカードでもプレイでき、次に5より低いカードをプレイする必要があり、プレイヤーは手札からカードをプレイする代わりに、ストックの一番上のカードをプレイしようとすることが常に許可されています。

    プーヘッドは、iPhoneまたはiPad用のシットヘッドアプリです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。