最近、食品医薬品局は、多くの人が胸焼けの治療のために服用しているラニチジン(ザンタック)の市場回収をメーカーに要請しました。 このリコールは、すべてのラニチジン製品が市場から撤去され、新規または既存の処方箋や店頭で使用できなくなることを意味します。

FDAは、同薬品が膵臓癌と関連するN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)として知られる汚染物質を含む可能性があり、患者にリスクをもたらすことを発見しました。

LISTEN UP: 新しいMichigan Medicine News BreakをAlexa対応デバイスに追加するか、iTunes、Google Play、Stitcherで毎日の更新を購読してください。

ミシガン・メディスンのウィリアム・チェイ医学博士(消化器内科医、医学・栄養科学教授)は、胸焼けの治療に関しては専門家である。 このビデオでは、最近のラニチジンのリコールについて説明し、ザンタックが選択肢から外れた今、この症状を治療するためのヒントを提供しています。

MORE FROM MICHIGAN: 週刊ニュースレターに登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。