前回の投稿では、find コマンド fd コマンドの代替コマンドの使用について見てきました。

Let’s look at some basic and most useful commands

Keyboard Shortcut Use of the keyboard shortcut
Ctrl->Ctrl->Ctrl-AAlt-t 新しいターミナルを開く
Ctrl-d ターミナルを閉じる
Ctrl-c 現在実行しているコマンドをキャンセルする。
Ctrl-l clearコマンドと同様に画面をクリアします

上記のコマンドの中で、私が一番使うのはCtrl-lで、何度もclearを入力しなくても画面をクリアできるようになっているためです。

さて。 ターミナルでの動きを助ける高度なコマンドを見てみましょう

キーボードショートカット キーボードショートカットの使用
Ctrl-」は、「Ctrl-」を意味します。a カーソルを行頭に移動
Ctrl-e カーソルを行末に移動
Ctrl- カーソルを1文字進める
Ctrl-b カーソルを1文字戻す
Alt-f カーソルを一字進める
Alt-> カーソル移動b カーソルを1語分後ろに移動

homeキーとendキーを使って行頭と行末を移動することもできます。

Alt-f Alt-bで単語の先頭や末尾に移動できるのは、一文字ずつ戻らなくていいので、一番便利だと思うのですが。

それでは、テキストの修正に役立つショートカットを紹介しましょう

キーボードショートカット キーボードショートカットの使用
Ctrl-?d カーソル位置の文字を削除
Ctrl-t 現在位置の文字とその前の文字を交換
Ctrl-u 行全体を消去
Alt-
カーソル位置の文字とその前の文字を交換 Ctrl-U カーソル位置の文字を消去t 現在位置の単語とその前の単語を交換
Alt-l カーソルを1文字後ろに移動
Alt-u 現在のカーソル位置から小文字に変換
Alt- カーソル位置の単語とその前の文字を交換b 現在のカーソル位置から単語の文字を大文字に変換

Alt-t は、使い始めるまで必要ないと思っているものです。

というわけで、今日はここまで。 もし私が何か見逃していたら、下のディスカッションで教えてください。

また、私の Linux for beginners シリーズ

の旅に参加してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。