There are many causes of kidney pain.腎臓の痛みにはさまざまな原因があります。 深刻な何かのサインである場合に備えて、不調の理由を理解しておくことが大切です。 9574>

肝臓の病気

肝臓の病気では、お酒を飲んだ後に痛みや違和感を感じやすくなります。 特に、アルコール依存症で肝臓の機能が低下している場合は、その可能性が高くなります。 また、腎臓の血流に影響を与え、血液をろ過する働きが弱くなります。

肝臓病の治療には、飲酒をやめ、体重を減らし、栄養のある食事にするようアドバイスされることがあります。 また、薬物治療や手術が必要な場合もあります。

腎臓結石

アルコールによる脱水が原因で、腎臓結石ができることがあります。 すでに腎臓結石がある場合に飲酒をすると、結石が早く移動することがあります。

小さな腎臓結石は、水の摂取量を増やす、薬を飲む、または家庭療法で治療できるかもしれません。

腎臓感染症

腎臓感染症は、尿道または膀胱で始まり、一方または両方の腎臓に移動する尿路感染(UTI)症の一種です。 尿路感染症の症状や重症度は、飲酒後に悪化することがあります。

水をたくさん飲んで、すぐに医師の診察を受けましょう。 不快感を軽減するために、温熱や痛み止めを使用することができます。 通常、抗生物質が処方されます。

脱水症状

アルコールには利尿作用があり、排尿量が多くなります。 これは、特にアルコールを過剰に飲んだときに脱水につながります。

アルコールは、体内の水分や電解質のバランスを正しく保つ腎臓の機能に影響を及ぼします。 これは、腎臓の機能低下につながり、腎臓結石を発症するリスクを高めます。

失われた水分と電解質を補給することで、脱水を治療しましょう。 電解質と炭水化物溶液を含むスポーツドリンクを飲むとよいでしょう。 甘い飲み物は避けましょう。

場合によっては、脱水のために医師の診察が必要になります。

尿管骨盤接合部(UPJ)閉塞

UPJ閉塞がある場合、アルコールを飲んだ後に腎臓の痛みを感じることがあります。 この病気は、腎臓と膀胱の正常な働きを阻害します。 痛みは、脇腹、腰、腹部などに感じることがあります。 時には鼠径部まで移動することもあります。 アルコールを飲むと痛みが強くなることがあります。 UPJ閉塞は、低侵襲手術で治療することができます。

水腎症

水腎症は、尿の蓄積により1つまたは2つの腎臓が腫れている結果です。 閉塞または障害により、尿が腎臓から膀胱に適切に排出されなくなります。 このため、腎盂が腫れたり、肥大したりします。 脇腹の痛みや排尿時の痛み、困難を感じることがあります。

腎臓結石があると、水腎症になるリスクが高くなります。

水腎症は、できるだけ早く治療することが望ましいとされています。 腎臓結石や腎臓の感染症が原因であれば、医師の診察を受けて治療しましょう。

胃炎

お酒を飲み過ぎると、胃の粘膜が炎症を起こしたり腫れたりする胃炎になることがあります。 腎臓とは直接関係ありませんが、上腹部に痛みを感じ、腎臓の痛みを伴うことがあります。

胃炎の治療は、アルコール、鎮痛剤、娯楽用薬物を控えるようにします。 症状や痛みを和らげるために制酸剤を服用することができます。 医師は、胃酸の分泌を抑えるためにプロトンポンプ阻害薬やH2拮抗薬を処方することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。