THURSDAY, March 17, 2016 (HealthDay News) — 透析は高齢の腎不全患者の生存率を大きく改善しないことが、新しい研究によって示された。

この知見は、80歳以上の一部の腎不全患者にとって保存的治療が妥当な選択肢である可能性を示唆しています。

研究者は、80歳以上または重度の併発疾患を持つ人には透析治療を行うべきではないと言っているわけではありません。 「しかし、我々は、治療が平均的に生存に関してほとんど利点がないことを示す」と、オランダのニューウェハインのセントアントニウス病院の共同リーダーであるWouter Verberne博士は言いました。

この発見は、米国腎臓学会の臨床ジャーナルのオンライン版に3月17日に掲載されました。 「高年齢での透析治療の結果についてより良い予測を与えることができるようになるまで、我々は単に保存的管理が近づいているときに正直に議論されるべきオプションであることを示唆することができます”

と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。