Centers for Disease Control and Prevention (CDC) が作成したイラストは、コロナウイルスが示す超微細な形態を示しています。 電子顕微鏡で見ると、ウイルスの外表面を飾るトゲが、ビリオンを取り囲むコロナのように見えることに注目してください。 2019年に中国の武漢で初めて検出された呼吸器疾患の集団発生の原因として、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)と名付けられた新規コロナウイルスが確認されました。 このウイルスによる病気はコロナウイルス病2019(COVID-19)と名付けられました。

コロナウイルス病2019(COVID-19)
食品に関連するCOVID-19の感染を裏付ける証拠は現在存在しません。 CDC、食品医薬品局、米国農務省から、COVID-19と食品に関するその他の質問に対する答えを入手しましょう。

9月は全国食品安全教育月間です。 食品安全のスーパーヒーローになる方法を学びましょう!

毎年、アメリカ人の6人に1人(または4800万人)が、汚染された食品を食べたことで病気になり、12万8000人が入院し、3000人が死亡していると推定されています。 誰でも食品由来の病気(食中毒とも呼ばれます)で病気になる可能性があります。 しかし、あるグループの人々は、病気になりやすく、より深刻な病気になる可能性が高いのです。 これらのグループとは:

  • 65歳以上の大人
  • 5歳未満の子ども
  • 健康に問題がある人、または細菌や病気と戦う体の能力を低下させる薬を飲んでいる人
  • 妊娠中の女性

自分と自分の家族を守るためにできることがあります。 食べ物を準備したり扱ったりするときは、次の4つのステップに従ってください:

  • Clean: 料理をするときは、手や調理器具、表面をよく洗いましょう。
  • 分離する。 生の肉、鶏肉、魚介類、卵は細菌を広げる可能性があります。 調理済みの食品や生鮮食品と区別しましょう。
  • 調理する。
  • 調理:食品が細菌を殺す内部温度まで調理されていることを確認するために、食品温度計を使用する。
  • Chill: 生鮮食品を冷蔵保存するsexternal iconと残り物は2時間以内に。

食品安全のための4つのステップについての情報を共有することに参加しませんか。

食の安全教育月間の資料

  • CDC 特集: Key Facts About Food Poisoning
  • Graphics for Food Safety Education Month
  • Videos for Food Safety Education Month
  • Social Media Messages for Food Safety Education Month

CDC Information on Food Safety

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。