学校現場での学習に関心を持つ者にとって、学生がどのように学ぶのか、何が学生の学習意欲を高めるのかといった理論を含む教育心理学の理解は基本中の基本である。 このコースでは、生徒の学習と動機づけをよりよく理解しようとした心理学の理論と研究を幅広く紹介します。 このコースでは、まず、行動主義、認知主義、状況主義などの学習理論を探求する。 続いて、自己効力感、目標志向、自己決定理論などの動機づけの構成要素について深く掘り下げます。 さらに、個人差、才能教育、ADHD、学習スタイル、学習と教育における国際的・文化的差異など、教育心理学から選択したトピックを検討し、コースは終了します。 コースでは、学習と動機づけの理論に関連する理論的・実証的な文献を読みます。 また、理論や研究についての議論の土台となるように、ケーススタディを含む理論の応用を授業の基礎とする。 学生は、毎週1回75分のクラスミーティング(木曜日、10:30 – 11:45 a.m.、または木曜日、4:30 – 5:45 p.m.)と45分の小チームミーティング(金曜日、各小チームがスケジュールする時間)に出席することが期待されます。 このコースは、教育心理学入門コースを受講していない学生を含む、すべてのHGSE修士・博士課程の学生、およびHGSEのHow People Learnモジュールを受講したことがある学生に適しています。 コースサイト https://locator.tlt.harvard.edu/course/gse-180782/2020/fall/19290

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。