Surgical pathology coding for urinary bladder is relatively straightforward, certain keywords in the documentation will ensure proper coding and subsequent reimbursement. AMA の Current Procedural Terminology(CPT)により、膀胱検体のコーディングには 88305、88307、88309 の 3 つのオプションがある。 これらのコードは以下のように適用されるべきである:

88305 – 尿膀胱生検. このコードは外科的アプローチに関係なく適用される。

88307 – 膀胱TUR/TURB. 88307は、検体が経尿道的切除術である場合に割り当てられる。これは手術依頼書および/または検体容器に記載されるべきであり、最終病理報告書にも明記される。 複数の検体が別々の容器で提出された場合、請求可能である。

88309 – 膀胱部分切除術/全切除。 診断に関係なく、経尿道的手術以外の膀胱切除術に適用されるコードである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。