この時代の最大の皮肉の1つは、スマートフォンやネットブックなどのさまざまなガジェットでマルチタスクが可能な一方で、物事を終わらせることができないようだということです。 忙しさの罠に陥っているのです。 1日にやるべきことが多すぎて、中途半端なタスクで疲れ果ててしまうこともあります。

問題は、その日の最も重要なタスクを少なくとも1つは終わらせるために、いかにエネルギーレベルを高く保つかということにあります。 1日に十分な時間はなく、ずっと生産的でいることは不可能です。

時間管理以上のものが必要です。 1256>

生産性を上げるには「朝型」でなければならないという考えを捨てること

「早起きして、目の前の仕事をすべてこなす」というアドバイスを何度聞いた(あるいは読んだ)ことでしょうか。 そのアドバイスには何の問題もありません。 早く始めて、早く終わらせるというのは、実際、良い常識のにおいがします。 しかし、そのテクニックだけでは、すべての人に効果があるわけではありません。 私はかつて、朝6時までにベッドから出ればもっと生産的になれるという考えに惑わされたことがあるからです。 私は通信社で編集者としてフルタイムで働きながら、同時にコンテンツマーケティング戦略家としての副業もこなしています。 また、旅行ブロガーでもあります。

私は、24時間を最大限に活用する方法を探して、生産性に関する本やブログをたくさん読みました。 生産性に関する話のほとんどは、早起きを強調していました。 その結果、早起きも早仕舞いも大失敗でした。

自分の「ピーク時」を見極める

エネルギー管理は、1日のうちで最も生産性の高い時間を探すことから始まります。 体内時計に同調することは即座にはできませんが、それを回避する方法はあります。

1週間自分の仕事の習慣を観察し、最も仕事がはかどった時間をリストアップしてみましょう。 また、その時間帯に何を感じているのか、元気なのか無気力なのか、も記録しておきましょう。 これを監視し、あなたは後でパターンを見つけるでしょう。

広告

朝のヒバリであることと私の実験は、私の体内時計を無視して、ちょうど午前8時前に目を向けるように自分自身を訓練することによってそれを行うことがより生産的に私を後押ししてくれることが証明されました。 午前中にブログ記事やその他のレポートを書くことで、正午までに終わらせ、昼休みを使って簡単なジム通いをしようと思っていました。 しかし、そうはならなかった。 眠くて、気が散って、午前10時前にジャックを書くことはできませんでした。

実際、この実験は、私がよく知っているはずの、試みるべきではない実験のひとつでした。 結局のところ、私は過去 15 年間、生活のために書いてきましたが、私は午後と夕食後の夕方に、より多く、より良いものを書くということを何度も観察してきました。 私は夜型人間なのです。 1256>

つい最近、あるアイデアにとても熱中して、たとえ仕事で疲れて帰ってきても、ネットブックを取り出して、午後11時までに600語のブログ記事を書いて公開しました。これは少し極端で、私のエネルギーの爆発はまれですが、私には効果的です。

Block those high-energy hours

一度、その高エネルギーの時間の感覚を持っている、あなたはその後、他のあまり重要ではないタスクは、この指定の生産time.1256>

Advertising

あなたのカレンダーにそれらをブロックして、高い優先タスクにエネルギーの時間を使用します – 特にあなたの精神力と集中の多くを必要としますものです。 また、人生の目標に近づくために、これらの時間をあらゆるタスクに使用する必要があります。

あなたが朝型人間なら、頭をシャープにして集中することが重要なので、ほとんどのビジネスミーティングをランチタイム前にスケジュールすることをお勧めします。 しかし、何も決まっているわけではありません。 たとえば、あなたやあなたの家族が病気であったり、息子の卒業式に出席しなければならない場合などです。

とはいえ、生産的な時間をカレンダーに記録することだけは忘れないようにしてください。 そのため、このような場合、”崖っぷち “になってしまいます。 このような場合、「潔癖症」の人は、「潔癖症」であることを自覚し、「潔癖症」であることを自覚し、「潔癖症」であることを自覚し、「潔癖症」であることを自覚し、「潔癖症」であることを自覚し、「潔癖症」であることを自覚し、「潔癖症」であることを自覚し、「潔癖症」であることを自覚し、「潔癖症」であることを自覚し、「潔癖症」であることを自覚している。 このような場合、「自分の体内時計」を理解することが、時間管理の鍵となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。