Image via Wikipedia

それで、刺激策–いわゆる2009年のアメリカ復興再投資法、ARRA–は終わり始めています。 もちろん、誰に尋ねるかによって異なります。 保守派は、失業率は2桁に近く、成長も鈍いので、明らかにうまくいかなかったと言うでしょう。 リベラル派は、確かに失業率は高すぎるが、それは景気対策が十分でなかったことの表れだと言うだろう。 それがなかったら失業率はもっと上がっていただろうと考えると、効果はあったのです。 考えてみれば、もっと景気刺激策が必要なのだ。

景気対策が効いたか効かなかったかの議論は抽象的すぎて、あまり参考にならない。 具体的な刺激策やプロジェクトを見て、それらがどのように機能したかを確認する方が時間を有効に使えます。 オバマ大統領は、ブロードバンドインターネットへのアクセスを拡大することをキャンペーンに掲げ、刺激策は、そのために連邦政府のドルを配る機会を与えてくれました。 特に農村部では、アクセスを提供する市場のインセンティブが低いため、政府が果たすべき役割があるかもしれません。 賢明な政策立案者にとっての問題は、そのようなプロジェクトにどれだけの費用がかかるのか、そして誰がその費用を負担すべきなのかということです。 確かに、アクセスを拡大することを正当化するには、高すぎる価格があります。

コンサルティング会社 Navigant Economics の Jeffrey Eisenach と Kevin Caves は、重要で目を見張るような新しい論文で、ARRA による地方のブロードバンドへの補助金について最近調査しました。 ブロードバンドに対するARRAの刺激資金は、「米国におけるブロードバンド建設に提供された過去最大の連邦補助金」を構成する。 このプログラムの明確な目標は、現在ブロードバンドがない家庭にまでアクセスを拡大することである。

Eisenach と Caves は、モンタナ州南西部、カンザス州北西部、ミネソタ州北東部のブロードバンド アクセス拡大のために、融資と直接助成の形で刺激資金を受け取った 3 つの地域を調べた。 これらの地域の世帯収入の中央値は40,100ドルから50,900ドルの間です。 4397>

では、サービスを受けていない世帯がブロードバンドにアクセスできるようになるために、1世帯あたりいくらかかったのでしょうか。 なんと 349,234 ドル、つまり世帯収入の何倍にもなり、住宅そのものにかかる費用を大幅に上回っています。

悲しいことに、実際にはもっと悪いのです。 モンタナ州のプロジェクトを見てみよう。 この地域は、いかなる意味でもサービスが行き届いていないわけではなく、また行き届いてさえいない。 この地域では、ワイヤレスを含む 7 社ものブロードバンド プロバイダーが営業しています。 この地域の全世帯のうち、有線接続ができない世帯はわずか1.5%。 また、3Gワイヤレスも含めると、モンタナ地域でアクセスがないと考えられる世帯はわずか7世帯であった。 つまり、モンタナ州のケースでアクセスを拡大するコストは、サービスを提供する世帯が1つ増えるごとに約700万ドルになります。

1980年代に、ペンタゴンの無駄な支出に対する騒動がありました。 空軍はコーヒーメーカーに7,622ドル、海軍はトイレの便座1つにつき640ドルも費やしていました。 これは非常に無駄なことですが、少なくともペンタゴンは間違いなくコーヒーメーカーとトイレの便座を必要としていたのです。 納税者がブロードバンド・アクセスを拡張するためにそれぞれ 700 万ドルを費やしたモンタナ州の 7 世帯は、おそらくそれを望んでさえいないでしょう。

国防総省は巨大な官僚機構なので、時折、過払いや無駄が見つかるのはほとんど驚くことではありません。 しかし、地方のブロードバンドに対する無駄遣いという本当に極端なレベルに到達するためには、まったく別のもの、つまりイデオロギーが必要です。 そのイデオロギーを最もよく表しているのが、次の引用文です。

もし財務省が古い瓶に紙幣を詰め、使われなくなった炭鉱の適当な深さに埋め、町のゴミで埋め尽くし、紙幣を再び掘り起こすのは、よく知られたレッセフェールの原則に基づいて民間企業に任せる(その権利は取得する。 もちろん、紙幣がある地域の賃借権を入札することで)、失業はなくなるし、その反動で、地域社会の実質所得や資本財も、おそらく実際よりかなり大きくなるだろう。 しかし、もしこれを妨げる政治的・実際的な困難があるならば、上記は何もしないよりはましでしょう。

これはJohn Maynard Keynesの『一般理論』からで、刺激策の論理を最もよく要約しています。 しかし、官僚機構と政治文化が、どんな支出でも「何もしないよりはまし」という考えを徹底的に内面化したとき、その結果は一人当たり700万ドルのブロードバンドラインとなったのです。 貧困から繁栄へ」の共著者であり、Forbes.comのコラム「Economics 2.0」を執筆しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。