鍼灸に対する誤解のひとつに「痛い」というものがあり、これが鍼灸を試したくない人の理由になっています。 このような場合、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」………………………………………………. というのも、このような場合、”気 “のような感覚を覚えるからです。 重かったり、ズキズキしたり、飛び跳ねたり、どれもポジティブな反応です」

これは、あなたの痛みの許容範囲や全体的な感度のレベルにより異なる場合があります。 時には、最初の鍼灸治療が、その後の治療よりも痛みを伴うことがあります。 これは、あなたの体の特定のエネルギーポイントが初めて活性化されているためである可能性があります。

「痛みはネガティブなものではありませんが、長続きはさせたくないものです。 ほとんどの場合、それは消散します」とChoudhury氏は言います。 「

鍼治療はどのような感じですか?

経験は人によって異なるでしょうが、鍼治療は通常、不快感や痛みを引き起こしません。 と、Choudhury氏は言います。「鈍さや重さなど、エネルギーを感覚として感じられるとよいでしょう。 「これらはポジティブな反応と考えられ、何かが起こっていることを意味します」

針は細く、優しく挿入されているため、針が刺されているのを感じないこともよくあります。 針が目的の深さまで到達すると、軽い鈍痛やわずかなピリピリ感を感じることが多いようです。 これは、治療がうまくいき、ツボが活性化されているサインかもしれません。 また、重い感じや電気が走るような感覚を覚えることもあります。 6298>

激しい痛みや鋭い痛みを感じるようなことがあれば、鍼灸師に知らせる必要があります。

痛みの原因は何ですか?

ゲージの高い鍼を使用したり、鍼を深く刺したりすると、痛みが出やすくなります。 また、特定の銘柄の針は痛みを引き起こしやすくなります。 施術者によっては、鍼を刺すときに強い力を加えたり、重い手技を使ったりすることがあります。

軽い不快感を超える痛みがある場合は、その旨を伝えましょう。 また、より遅く進み、より少ない針を使用し、より浅くそれらを挿入し、それらをより少なく操作するためにあなたの開業医を求めることができます。

「時にはそれは貧しいニードル技術だ、」Choudhuryは言った。 「もし、すべてが痛むのであれば、別の施術者を試した方がいいかもしれません」

より痛いツボ

あなたは、いくつかのポイントが他よりも敏感であることを期待することができます。 針が小さな神経、筋肉、血管に当たると、多少の痛みを感じたり、より強い感覚を感じたりすることがあります。 一回の感覚は短ければ問題ありません。 四肢のツボは、鈍痛やピリピリ感など、より強い反応が出やすくなっています。 爪の近くなど、肉があまりないところでは、より鋭い感覚が生じることもあります。

体の中で最も痛む場所について、Choudhuryは「本当に人それぞれです」と説明します。 多くの人にとって、足は重要なエネルギーポイントをたくさん含んでいるので、より痛いのです」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。