脳卒中は、アメリカ人の死亡および長期障害の原因の第3位となっています。 脳卒中を患うことは、とても恐ろしいことです。 事前に警告が出ることはほとんどなく、重症度や持続的な合併症の程度は、一例ごとに予測不可能です。 脳卒中がどのような影響を及ぼすかは、脳卒中の種類によって大きく異なります。 最も一般的な脳卒中は虚血性脳卒中で、血管が詰まることで発症し、多くの場合、後遺症が残ります。

「ミニ卒中」とは何か

一過性脳虚血発作(TIA)は、一般にミニ卒中と呼ばれています。 これが起こると、血管が血栓によって短時間だけふさがれます。 発作が起きている間は、通常の脳卒中と同じような症状を経験することが多いです。 しびれ、脱力感、言語障害、視力障害などです。 他の脳卒中と同様に、患者さんにはFASTという頭字語を覚えていただくようお願いしています。

症状はほとんど同じですが、小脳梗塞と通常の脳梗塞では、いくつかの重要な違いがあります。 小脳梗塞の閉塞は一時的なものなので、症状は短く、通常は数分しか続きません。 場合によっては、24時間程度続くこともあります。

通常の脳卒中とは異なり、TIAは脳の損傷や後遺症につながることはありません。 しかし、症状が出た瞬間に、どのタイプの脳卒中が起こっているかを知ることは不可能です。 そのため、症状を放置せず、できるだけ早く救急医療機関を受診することが必要です。 また、TIAを発症した場合、脳卒中の発症リスクが高く、脳卒中患者の3人に1人が発症していると言われています。 このリスクは、特に最初の48時間以内に高くなるため、医療ケアとモニタリングが重要になります。

あなたやあなたの愛する人が、脳卒中や小脳卒中に関連する特徴的な症状を経験したら、9-1-1に電話するか、最寄りの救急治療室に行ってください。 脳卒中の種類にかかわらず、早期の介入が長期的な健康を守るカギとなり、場合によっては命を救うこともあります」

Mini Stroke Different

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。