Reaper
力と能力

  • Alter perception
  • Reap souls
  • Teleportation
弱点

  • 死の鎌
  • 天使の刃
  • 呪文
外観 人間の認識を変えることが可能である。 人に憑依したり、肉体を現したりすることができる。
Episode(s) 1.12 Faith
2.01 In My Time of Dying
4.15 Death Takes a Holiday
5.10 Abandon All Hope…
5.21 Two Minutes to Midnight
6.11 Appointment in Samarra
7.10 Death’s Door
8.19 Taxi Driver
9.03 I’m No Angel
9.22 Stairway to Heaven
11.02 Form and Void
11.10 The Devil in the Details
11.10 The Devil in the Details
11.17 レッド・ミート
11.23 アルファ・アンド・オメガ
12.06 エイサ・フォックスの生涯を讃えて
12.09 ファースト・ブラッド
13.05 アドバンスト・タナトロジー
13.19 フネラリア
14.10 Nihilism
15.12 Galaxy Brain

Dean: We’re dealing with a reaper.

Sam: You really think it’s the Grim Reaper? 死の天使、魂を集める、みたいな?

Dean: いやいや、死神じゃない、死神だ。

– ディーン&サム・ウィンチェスター 1.12 フェイス

History

死神は神の超自然的存在であり、死神を殺すことはできない。 彼らは亡くなった魂を死後の世界へと護衛する役割を担っており、死者に何が待ち受けているかを伝えることを拒む–あるいは伝えることができない。死神は死者に同行を選ぶか、幽霊としてVeilに留まるかを選ばせ、やがてその魂は復讐心に満ちた霊と化していく。

カスティエルによると、死神は「大災害」や「苦難の時」に集団で集まり、1871年のシカゴ大火、1906年のサンフランシスコ地震、ポンペイの破壊を例として挙げている。 死神は、死にゆく人の前にどんな姿でも現れるだけでなく、人間に憑依したり、生きている人の前に自らの肉体の姿で現れたりする。

死神は死に仕えており、天国や地獄には属さないが、メタトロンが呪文を唱えたとき、他の天使たちと共に天国から閉め出された。 その出自は不明であり、神や運命など他の存在との関係も不明である。

近年、一部のリーパーは悪徳業者となり、魂を集めたり、代償として天国と地獄の間を移動させたりしている。 また、一部のリーパーは賞金稼ぎとして働いているようで、ディーンは彼らを “デルタフォース・リーパー “と呼んでいる。 このような行動の変化の理由は、黙示録が回避された副作用である可能性がある。ルシファーが再び投獄された翌年のバルタザールによると、

「新しい時代だ。 ルールも運命もない。 完全なる自由だ”

その後数年間は、ビリーが新たな死となり、ジェシカによれば、すべての死神が直接的な干渉を避けるようになるまで、不正な死神が活動を続けたが、それでも彼女の命令で間接的に支援することはある。

特徴

ジョンの日記より死神に関する部分。 彼らは、魂を次の存在次元に渡すように説得するのを容易にする方法として、より人間的な外見を取る。

天使バーソロミューによると、ローグ・リーパーはまた、さらなる能力を持っているようである。

不正な死神が彼らのサービスに対してどのような支払いを要求するかは不明だが、死神のAjayは後日兄弟が彼に借りを作る代わりにウィンチェスターにサービスを提供することに同意した。

力と能力

  • Dreamwalking – 死神は人間が夢を見ているか夢の様になっている間にその潜在意識の中に入ることができる。
  • Healing – 死神は人の生命力を他の人に移し、効果的に怪我や病気を治すことができる。
  • Invisibility – 死神は、人が死にかけたり霊/星座投影形態でない限り、自分を人間から見えなくさせることができる。 また、死神は自らの判断で人間から見えるようになることができる。
  • 知覚変化 – リーパーは人間の知覚を変化させ、自分自身を好きなように見せることができる。
  • 憑依 – 死神はヴェールの外側に自分の存在を見せることができるが、人間に憑依することも可能である。
  • 復活 – 彼らの目的とは相反するが、リーパーは人を生き返らせることができる、しかしそれは通常強制された場合にのみ行われる。
  • Soul awareness – 死神は魂を追跡する専門家であり、人が死ぬべき時を直感的に知ることができる。 死神ビリーはヴェールから10万人分の魂を集め、アマラ/ザ・ダークネスを阻止するための魂爆弾に使用することができた。
  • Necrokinesis – 死神は触れるだけで殺すことができるが、人を完全に殺すことは稀である。 死神が魂を刈り取るとき、彼らはその人の死の誘因となる出来事を必要とするようだ。 ビリーがメリー・ウィンチェスターの魂を刈り取る前に自殺するよう要求し、ウィンチェスター兄弟に「死神は殺さない」と言ったことからも明らかである。
  • テレポート – リーパーは実在のどこにでもテレポートでき、天国、地獄、煉獄、ベール、エンプティにアクセスすることが可能である。
  • 死神の死に関する伝承。

    Vulnerabilities

    • Angel blade – リーパーはエンジェルブレードに弱く、殺されることもある。
    • 天使の手錠 – 呪文が刻まれた特殊な手錠はリーパーの力を無効化することができる。
    • 大天使 – アポカリプス世界のミカエルは死を閉じ込め、彼の世界のリーパーを奴隷にしたと主張している。
    • 死者の大鎌 – リーパーもすべての存在同様、死の大鎌で突き刺すことができる。
    • 悪魔 – リーパーは悪魔によって簡単に制圧されることがある。
    • The First Blade – カインの印を持つ者が振るうThe First Bladeは死神を殺すことができる。
    • Reaper trap – 死神は死神の罠の中で無力化され弱体化することができる。
    • Spells – リーパーは呪文によって拘束されることがある。

    Episodes

    1.12 Faith

    Sue-Ann Le Grangeは死神を利用するために黒魔術を使用する。 夫のロイ・ルグランジを信仰療法士に仕立て上げ、死神に不道徳と思われる人々を殺させ、その生命力をロイの病んだ患者に移させる。 瀕死のディーンはこの方法で救われる。

    2.01 In My Time of Dying

    テッサと名乗る若い女性として現れた死神が、ディーンのクロスオーバーを手助けしようとする。 彼女は、先に進むことを拒んだ魂は復讐に燃える霊になることを告げる。

    4.15 Death Takes a Holiday

    ある小さな町で死神がいなくなり、死傷者が出なくなったことからテッサが出現する。 彼女はAlastairに誘拐される。 夏至の月の下で2人の死神を殺すことは、66の封印の1つである。 儀式が行われ、殺すための道具は大鎌。 アラステアによると、それは黙示録の四騎士の一人である死のものである。

    旧友がそれを貸してくれた。

    – Alastair, 4.15 Death Takes a Holiday

    最初の死神は殺されたが、サムとディーンはテッサを何とか助け、彼は既に死んだはずの者たちを刈り取り始める。

    5.10 Abandon All Hope…

    ミズーリ州カーセージに死神が大量に現れ、ルシファーは死を召喚する準備を始める。

    5.21 Two Minutes to Midnight

    シカゴで「死神で溢れかえる地域」を目にしたクロウリー。 死神はこの町で嵐などの自然災害を起こし、300万人の命を奪おうと計画しているのだ。

    6.11 Appointment in Samarra

    ディーンに呼び出されたテッサは、死神とコンタクトを取りたいとのこと。 その後、ディーンに付き添い、死の回診を体験することになる。 自分の心を旅していたボビーの前に、死後の世界へ連れて行こうとする死神が現れる。 死神は、ボビーの病状が原因で、従来の方法では彼を刈り取ることができず、彼を回収するために彼の心に入り込まなければならなかったことを明らかにする。 ボビーは、ディーンとサムにメッセージを渡す必要があり、それと一緒に行くことを拒否し、はるかに死神の苛立ちに、彼自身の心の中にさらに逃げ込む。 その後、ボビーはそれを遅くしようと、彼が学んだ呪文を使用して、一時的に存在を投獄することに成功する。 しかし、ボビーの精神が衰えれば解放されるはずで、死神は気にも留めない。 それどころか、このままでは幽霊になってしまうとボビーに警告し、世界と少年たちのために十分なことをしてきたと断言する。 ボビーは自分を無視して拒否し、心の中の最後の扉をくぐってしまう。 彼が目を覚まし、やがて昏睡状態に戻った後、そこには死神が待ち構えていた。 死神はボビーにもう一度だけ前に進むよう説得し、ウィンチェスター兄弟は自分がいなくても大丈夫だと断言し、最後の思い出が残っていることを警告する。

    8.19 Taxi Driver

    地獄に潜入したいサムとディーンは、悪徳死神アジェイに近づき、彼と他の悪徳死神が対価を払って天国と地獄に人間や魂を送り込んでいると知り、彼らを連れて行くよう頼む。 サムとディーンは、ボビー・シンガーのフラスコを燃やしたとき、クラウリーの命令でアジェイが彼の魂を地獄に運んだことを知る。 アジェイは、ウィンチェスターが将来的に彼に恩義を感じるという条件で、サムを地獄に連れて行くことに同意する。 サムは同意し、エイジェイは彼を煉獄に連れて行くが、そこには地獄への入り口があり、裏口として機能していた。 エイジェイはサムに24時間後に自分を送った場所で落ち合うよう告げ、その場を離れる。しかし、手下の一人から取引を知ったクラウリーはエイジェイを問い詰める。 サムが地獄に潜入するのを手伝い、迎えに来る予定だと知ったクラウリーは、天使の剣で死神を殺して迎えを阻止し、サムを煉獄に閉じ込める(ただし、ディーンがヴァンパイアの味方ベニー・ラフィットを殺し、サムとボビーを煉獄から連れ出すことに成功)<1658> <6527>9.03 I’m No Angel<7634> <1999>バーソロミューは、カスティエル捜しにならず者を雇って狩ることに。 モーリスという死神がサムとディーンを追っていたが、彼らに気づかれ捕らえられてしまう。 ディーンは情報を得るために天使の剣で彼を拷問し、モーリスが知っていることをすべて話した後、ディーンは彼の首を剣で突き刺し、彼を殺す。

    別の死神がエイプリル・ケリーという女性に憑依し、カスティエルを見つける。 彼女は彼を引き取るふりをしてセックスをするが、翌朝、彼を縛り上げ、天使の剣でメタトロンの情報を聞き出すために拷問をする。 カスティエルは、メタトロンが何をしていたのか知らなかったこと、天国からすべての天使を追放するために使った呪文を知らないが、彼の恩寵が最後の材料であるため、それを元に戻す鍵になるかもしれないと話す。 その時、サムとディーンがカスティエルを助けに来るが、カスティエルは天使の剣を持った死神に殺され、さらにディーンに自分の天使の剣を解除させ、彼とサムを部屋の中に投げ飛ばすという行動に出る。 しかし、サムに気を取られている間に、ディーンにカスティエルに使った天使の剣で殺されてしまう。

    9.22 Stairway to Heaven

    死神テッサはディーンに、天国が塞がれ、死者の魂を運ぶために死神でさえ入ることができないことを明かした。 そのため魂はヴェールに閉じ込められ、やがてテッサは悲鳴や混乱、喪失した魂の痛みが聞こえるようになり、自殺を考えるようになった。

    11.02 Form and Void

    病院にいるサムの前にビリーという死神が現れ、死は彼らが絶えず復活することをユーモアだと感じていたが、彼の死によって宇宙にはただ一つのルール、「生きること、死ぬこと」があると告げた。 ビリーはサムに、自分やディーンが死んだら、天国や地獄に行くのではなく、死を殺したという理由で、戻れないように “空 “に放り込まれると告げる。 ビリーはサムに、彼が死につつあることは知っていて、すぐに会うと言う。

    11.10 The Devil in the Details

    ディーンはクラウリーからネブラスカ州のケーンソーに送られ、死神ビリーに会う。 ビリーがサムの死神であることを思い出したディーンは、ビリーに訂正され、自分が死神であると告げられ、地獄へ送られる。

    11.17 Red Meat

    サムの死後、ディーンは死神ビリーと会うために一握りの薬を飲み、薬を過剰摂取して思い切った行動に出る。 計画通り過剰摂取したディーンの体から、白くまばゆい光を放つビリーが現れる。 ディーンが自殺するような人間ではないことを知っている彼女は、彼に望みを聞く。 サムを復活させたい、自分の命とサムを交換したい、と言う彼に、ビリーは何のことかわからない。 ディーンは、ビリーを含むすべての人を破滅させる「闇」を止められるのはサムだけだと訴える。 ビリーはその方法を問うが、ディーンは何も答えられない。 ディーンは、たとえサムが闇を止めることができたとしても、取引はしないと言う。 ウィンチェスター兄弟はもうセカンドチャンスを失ったと告げる。 彼女はディーンに手を差し出し、エンプティが待っていると告げる。

    11.23 Alpha and Omega

    ウェイバリーヒルズ療養所で、サムとディーンはアマラに対する魂の爆弾を提案するために、できるだけ多くの幽霊や復讐心を集めていたが、ビリーは影から姿を現し、彼らが去るのを見送っていた。 彼らがウェイバリーヒルズで何をしていたのか気になったビリーは、バンカーまで彼らを追いかけ、問い詰める。 闇を殺すための魂の爆弾について知ったビリーは、石を手に協力することに同意し、ビリーは彼女の休暇を取る前に数十万人の魂を “veil “を急襲する。 魔法で家の外に閉じ込められたディーンは、ビリーに恩を売る代わりに自分を家の中に戻すよう取り計らう。

    翌朝、死んだハンターたちに葬儀の薪が渡されると、ビリーはサム、ディーン、メアリーの前に現れる。 彼女は3人に、メアリーが居場所がないと感じていることを知っており、もし望むならビリーが彼女の魂を刈り取ってやると言う。 Maryが辞退するとBillieは立ち去るが、立ち去る前にWinchesters全員に、気が変わったら彼女の名前を呼べと言う。

    12.09 First Blood

    2ヶ月近くSite 94の独房に閉じ込められていたDeanは、決死の覚悟でBillieを呼び出す。 ウィンチェスターは彼女と取引し、彼らは一時的に殺され、サイトの死体安置所に移される。そして、真夜中になったらウィンチェスターのどちらかが永久に死ぬという条件で、彼らはそこで復活する。

    真夜中が訪れると、サムとディーンはビリーから取引の支払いを迫られ、彼女との取引を破れば宇宙的な結末が待っていることを告げられる。 メアリーは息子たちを救うため、ウィンチェスターは死ななければならず、自分もウィンチェスターであることを理由に、自ら申し出る。 ビリーはその条件に同意し、メアリーが自分の頭を撃とうとした瞬間、ビリーはカスティエルに天使の剣で背中を刺され、命を落とす。05 Advanced Thanatology

    ある家に閉じ込められた幽霊から死体のありかを聞き出そうと一時自殺したディーンは、ジェシカという死神に出会い、すぐに正体に気づいたジェシカを無礼にも拒絶してデスの閲覧室にテレポートしてディーン・ウィンチェスターがヴェールに入ったことを告げる。

    ショーンレイダーから死体の場所を聞き出したディーンはビリーに出迎えられ、自分が新しいデスであることを明言される。 ビリーは、現実のルールの1つとして、デスの化身が殺されると、次に死ぬ死神がその代わりを務めると説明する。 ビリーと話しているうちに、ディーンはメドウズ家に囚われている魂を解放する取引をする。 ビリーはジェシカをメドウズ家に送り、彼女は魂を安らかな場所へと送り届ける。

    13.19 Funeralia

    ビリーが自分とディーンの監視をジェシカに頼んだことを思い出したサムは、ひとみ広場から脱出するために彼女を呼び出すが、ヴァイオレットという別の死神に出くわした。 ヴァイオレットはサムに、ウィンチェスター兄弟がよく失敗するため、死神が交代で監視していることを明かす。 彼女は、彼の天使の軍隊は死を閉じ込め、黙示録の世界で死神を奴隷にしたことを明らかにしたサムとマイケルを除いて、部屋の中で誰からも見えません。 サムは彼女の助けを求めるとき、バイオレットは、彼女が干渉することはできませんが、その後、部屋の中で誰もが手紙の男性バンカーにテレポートされるように半ば刑を停止していることを彼に告げる。 ヴァイオレットは「バンカーにテレポートしたのは自分ではない」と言い残し、姿を消す。

    マイケルをディーンの心に閉じ込めたビリーは、ディーンの部屋に現れ、全員をバンカーに送ったことを明かす。 そして、ディーンに “計算ずくで危険を冒した “ことを誰にも言わないように言う。 ビリーは「死の読書室」にあるすべてのノートが書き換えられたことを明かし、1冊を除くすべてのノートでマイケルが心を抜け、その器を使って世界を焼き尽くすとディーンが死ぬことを明らかにする。 彼女はマイケルが負けた唯一のノートをディーンに渡し、ディーンはその中身を読みます。 この新しい情報をどうするのかと問うディーンに、ビリーは「それは君次第だ」と言い残し、去っていく。 ジャックはビリーの指示に背き、自分の力を使って「悪い場所」からカイアを救出しようと決心する。メルルはデスに話すと脅すが、ジャックとウィンチェスター兄弟から、どちらにしても裂け目を開けるから協力しろと脅迫される。 メルルはバンカーの宇宙結界を強化し、彼らの存在を隠すことに渋々同意した後、一つの仕事を果たせなかったとして死の鎌で打ちのめされる。

    See also

    • Coptic Cross
    • Death
    • Reaper Trap

    Meta

    • Soul train.Danielという死神が、北欧神のヘルを肉体的に回復しようとする試みを止めてサムとディーンの手助けをするために登場。 アウトパストヘモアの「タクシードライバー」におけるローグ・リーパーと煉獄(2013年4月);アーカイブリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。