墓堀り人になるには、幽霊を恐れてはいけません。

彼女は幽霊を信じていますが怖くはありません。

「この仕事では、あまり意見を言ってはいけない」

墓地で怒っている幽霊を恐れない

彼女は現場に住んでいるのでこれは幸運でした。

シェリーは庭師として働き始めた後、2年間ワイクメテ墓地の管理人を務めています。 この仕事は資格が必要なわけではなく、ほとんどが実地訓練です。

埋葬の手配から墓掘り、火葬炉の操作まで、すべてを任されています。

墓地は108ヘクタールと広大で、国内でも最も古い墓があります。

墓はどのように掘られるのですか

まず、深さは6フィートではありません。 “5フィート6インチです “とシェリー(1.68m)は言います。 この深さを選んだのは、二重埋葬を可能にするためです。

「多くの人が、毎回同じ大きさの穴を掘るだけだと思っているようですが、そうではありません。 棺桶の両側にある程度の土が必要なので、棺桶の大きさによって穴の大きさが変わるんです。 そして、深さは巻き尺で測って、正しい深さを確保します。

「測って、測って、測って!」と彼女は言います。

「お墓を重ねるなんて……ありえないわ」と彼女は言います。

深く掘れば掘るほど、地盤は不安定になり、崩れていきます。 2段積みや3段積み以外はうまくいかないのです。

“私たちは長い間、人を埋めてきました。” “二重の深さが最も安全で良い配置です。” と彼女は言っています。

自然葬のコーナーには3フィート(91cm)の浅い墓もありますが、規則では棺の上に最低800mmの土がなければならないことになっているそうです。

キウイの人々は死に対してオープンになってきていますか?

キウイの人々が葬儀に対してよりオープンになってきている一環として、墓地はますます一般に開放されるようになってきています。 シェリーも参加したワイクメテのオープンデーでは、3,000人以上の人々が墓地に足を運びました。

チャペル、火葬場、火葬炉のすべてが「プロセスの解明」を目的に公開されました。

火葬に関する最大の誤解の一つは、棺がチャペルのドアから直接炎の中に移動するということです。

「これは神話です」とシェリーは言い、ドアを開けて長い廊下を見せました。

遺体は一般公開されている廊下を通り、ガラススクリーンの後ろのセクションに入れられ、それからオーブンに入れられます(まず遺体にペースメーカーがないことを確認します。

火葬のプロセスはおよそ1時間半かかり、その後骨が取り出される。 これも俗説で、多くの人は遺体は火の中で灰になると思っています。 実際はまだ骨の状態で、その後機械に移されて粉砕され灰になるのです。 人工股関節のような金属部品を扱うために必要な工程です。

「最近の人は骨より金属の方が多いんですよ」とシェリーさん。

彼女や他のスタッフが遺体そのものを見ることはほとんどありません。たまに家族が指輪の返却を求め、棺を開けなければならないことはありますが。

この仕事の良いところ、悪いところを教えてください。

墓じまいには、他の仕事と同じように、ハイライトがあるそうです。

「死を扱う仕事でありながら、暗いことよりも明るいことの方が多い仕事です」

末期症状と診断された人が来院すると、自分の人生に対して無力感を感じることがあるそうです。 そのような人たちに、葬儀の選択肢を示し、そのプロセスの一部になれることは、Shereeにとって非常に特別なことなのです。

最も難しいことのひとつは、スタッフの死への対応です。 六人組が墓地にやってくると、その墓地にずっといることになるので、これは案外よくあることかもしれません。

「最近、20年以上一緒に働いてきた親しいメンバーを亡くしました」とシェリーは言います。

彼の埋葬に携わったこともあり、仕事は大変だったようです。

「普段から仕事から遠ざかっているわけではありませんが、少しは自分の中にしまっておかないと…それが知り合いの場合、難しいですね」。

死に対する考え方は変わりましたか?

この仕事に就いてから、特に運転などの場面で意識するようになったそうです。

「ある人がやってきたのですが、彼は進入禁止の標識から飛び出してきてはねられたんです」と、シェリーは言います。

そのようなことがあったからこそ、彼女は実生活でもっと気をつけようと思うようになったのです。 やはり、死の業界に身を置くと、いつかは誰にでも訪れるものだということがよくわかります。

<1991年>ニュー速.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。