投げかけられた質問に対する簡潔な答えは……たくさん、です。 少なくとも、多くの団体や人々があなたに信じさせようとするよりもずっと多い。 今日、世界は石油で泳いでおり、価格は過去1年間で半値になりました。 石油生産の「ピーク」理論は、伝説的な地質学者M.King Hubbertの研究を前提としている。彼は1956年に、今では有名な「ハバート曲線」を用いて、米国の石油生産が1970年にピークを迎えると予測したのである。 将来の石油生産に関する誤った悲観的な予測は、1850 年代半ばの近代石油時代の始まりにさかのぼり、利用できるリソースが最も多い最高の専門家をすぐに陥れることができるのである。 例えば、1999年から2011年にかけて米軍の戦力化を主導した米統合軍司令部の「統合運用環境2010」報告書(「JOE報告書」)は、2015年の世界の供給不足を1000万b/dと予測している。 それからわずか5年後の現在、2~300万b/dの余剰が発生している。

石油の将来の利用可能性について「非常に間違っている」主な理由は、技術の絶え間ない進歩を動力とする経済商品としての石油を評価しない分析技術に過度に依存していることである。 多くの予測は、埋蔵年数や確認可採埋蔵量を年間消費量で割るなど、あまりにも単純化されているため、的外れなものとなっている。 しかし、確認埋蔵量は時間とともに増加し、掘削、生産、技術・経営開発を通じて得られる新しい情報により、可採埋蔵量の推定値は変化する。 また、石油会社が短中期的な計画期間を採用していることも、認識に影響を与える要因の一つである。 探鉱にはコストがかかるため、数十年先まで必要とされない資源を探す経済的インセンティブはない。 原油の埋蔵量と生産量の比率は、世界的に見ても40年から55年の間で推移している。 1Pの見積もりは、確認埋蔵量の見積もりで、90%の確率で井戸から採掘される可能性があるものである。 推定埋蔵量は50%の確率で(2P)、可能埋蔵量は10%の確率で(3P)与えられる。

世界の石油供給は消滅しなかっただけでなく、生産量は大幅に拡大し、今後も拡大し続けるだろう。 ハバートが世界の石油生産がピークに達すると主張した 1995 年以降だけでも、生産量は 33% 増加して 9,320 万 B/D を超え、EIA と IEA は、今後数年間は年間約 100 万 B/D の生産量増加が見込まれると予測している。 実際、新規石油供給量はこれまでにない速さで増加している。 2010年から2014年にかけて、大不況にもかかわらず、世界の生産量は年間121万5千b/d増加した(2000年から2009年は88万9千b/d増加)。 また、全供給量の約83%を占める原油以外にも、バイオ燃料、天然ガス液化燃料、合成燃料などの備蓄が急速に拡大しており、今後も液体燃料の利用可能性の幅は広がっていくだろう。 さらに、油層にある石油の約66%は、高価であったり抽出が困難であったりするため、しばしば取り残されている。 1970年代から商業化されているCO2強化型石油回収は、2兆から5兆バレルという巨大な世界的賞金をもたらし、1000年間地下にCO2を安全に隔離する方法を提供します。

要するに、石油(およびガス)が、より持続可能なエネルギーシステムを実施するという我々の目標に適合しないという主張は、ますます誤りとなってきているのです。 たとえば、米国の国立エネルギー技術研究所は、「次世代」技術により、CO2強化型石油回収から得られる石油は、現在の75%から100%+「カーボンフリー」になると報告しています。 現実には、すべてのエネルギーシステムが進化しているのだから、すべての技術が競争に参加できるようにしなければならない。 経済成長、エネルギー安全保障、温室効果ガス排出削減の3つの目標を達成するために、すべての技術が競争できるようにしなければならない。 そうでなければ、最も経済的でクリーンなエネルギー源を配備できないリスクが大幅に高まります。

世界の石油生産と確認埋蔵量は急増し続ける

Sources: BP; EIA

シェール革命に示されるように、最大の可能性を秘めているのは、新興の北米非在来型資源基盤である。 そして、技術の進歩と価格の上昇により、さらに多くの資源が利用可能となり、「非在来型」は「在来型」へと進化していくだろう。 1999年にゴールドマン・サックスが「世界の在来型石油の90%はすでに発見されている」として、石油会社を「死にゆく産業」と断じたのは、このためであった。 しかし、実際はその逆であった。 2014年の世界の石油・ガスのM&Aを例にとると、3.2兆ドルと評価されている。 現在の原油価格が1バレル63ドルという安値でも、1兆7000億の確認埋蔵量だけで107兆ドルの価値があり、世界の実質GDPが72兆ドルであるのに対して、である。 また、反炭素法の施行により石油資源が「座礁資産」になるという主張もあるが、これほど真実味のない話はないだろう。 このような投資家を脅すような陰湿なやり方は、絶対に通用しない。 石油は世界で最も重要な燃料であり、グローバリゼーションの基盤であり、代替物もないため、石油資産の開発は世界中で高まるエネルギー需要を満たすために重要である。 実際、私たちが関心を持たなければならない本当の「座礁資産」は、石油やその他の近代的なエネルギーを持たず、現在未開発の国で暮らす60億人もの人々である

Global Crude Oil: 累積生産量、確認埋蔵量、および資源量

Sources: IEA; JTC

The “Google Trends” show “peak oil” is on the decline. 原油価格の下落が効いているのだが、近年の価格高騰の際にもピークオイルは懸念されていなかった。 情報量の多いピークオイルのブログで、解説に同意できないことも多かったが、エネルギーアナリストにとっては必読の書だったThe Oil Drumを閉鎖したのもピークオイルの終焉だろう(悲しいかな、エネルギー/環境議論における名指しやレッテル貼りは、「自分と意見の異なる人の意見に耳を傾ける」という本質を消し続けているのだ)。 また、石油の第一人者である故マシュー・シモンズ氏が2005年に「サウジアラビアの生産量は間もなくピークを迎える」と予測して以来10年、「サウジアラビア3月の原油生産量は過去最高」<4698><5057>「ピークオイル」への関心(見出し)<4698

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。