冬は、私たちの生活にかなりの不快感をもたらすという罪を犯しています。 しかし、一般に信じられていることとは裏腹に、一晩中咳やくしゃみをしたり、のどを痛めたり、副鼻腔が 10 ポンドの重さになったりする原因としては、罪にはなりません。 相関関係は必ずしも因果関係を意味せず、寒さが風邪を引き起こすわけではありません。 実際、寒さで凍えることは、風邪の期間や重症度には影響しない。

250以上のウイルスが、寒い季節にエール大学で広まる悲惨な鼻づまりの流行の真犯人である。 私たちが「風邪」と呼ぶ病気の50パーセントは、ライノウイルスと呼ばれる狡猾なウイルスの約100種類のうちの1つが原因です。 残りは、コロナウイルスと呼ばれるウイルス群によって引き起こされるか、インフルエンザなど他の呼吸器疾患による二次感染です。

これらの風邪を引き起こすウイルスは、上気道系の分泌物の中で、エアゾール・スプレー飛沫の形態で感染します。 言い換えれば、感染した仲間があなたにくしゃみをするとき、彼らはウイルス粒子を含む唾液と粘液の致命的な飛沫をあなたに浴びせているのです。 これらの飛沫が目や口に入ると、感染の危険性が高くなります。

ウイルスは小さな感染性粒子で、宿主の細胞に入り、その細胞の遺伝子機構を引き継がなければ繁殖することができません。 ウイルスはそのウイルスの遺伝物質を宿主細胞に注入し、細胞をウイルスの遺伝物質の繁殖のための因子とさせます。

ライノウイルスは、タンパク質のカプシドで覆われた単純なRNAウイルスである。 上気道から体内に入り、気道上皮細胞の表面にある細胞間接着分子(ICAM)受容体に結合する。 この細胞に感染して溶解すると、細胞は化学的な苦痛信号を放出する。 これらのシグナルによる炎症作用は、鼻づまり、喉の痛み、くしゃみ、咳、鼻水、筋力低下、頭痛、疲労といった、私たちが風邪と呼ぶ症状を引き起こす。 カーネギーメロン大学の研究者たちは、睡眠不足と風邪による感染に対する免疫力の低下との間に相関関係があることを発見しました。

では、これらの症状がすべて、空気中のウイルスや長引くウイルス、必要以上に遅くまで外出することによって実際に引き起こされるとしたら、なぜ私たちは風邪を冬のせいにしているのでしょうか。 結論から言うと、冬は風邪の蔓延に間接的な役割を担っているのです。 寒い気候のもとでは、誰もが屋内に閉じ込められ、集中的に感染し、暖かい屋内の表面はウイルス核で覆われます。ウイルス核は、冷たい屋外の表面よりも暖かい表面でよりよく生きることができます。 冬は室内に閉じ込められるので、ライノウイルスはより簡単に私たちのところにやってくる。

この俗説を覆す意味は何でしょうか? 外に出るときはやはり防寒したほうがいいですが、風邪をひきたくないのであれば、室内の感染性の危険を避ける必要があります。 頻繁に手を洗い、汚染された可能性のある手を目や口に近づけないように心がけましょう。 私は冬の間の篭城を推奨しているわけではありませんし、サージカルマスクもちょっと馬鹿らしいですが、水っぽい目や鼻水、激しく咳をしている人とは安全な距離を保つべきです。 もし、年に2~4回は風邪をひくというデータもあるように、風邪をひいても、外の天気のせいにしてはいけないとわかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。