現在の条件下では、ルイ・パスツールは、生命は既存の生命からしか生まれないことを証明した。 生命の起源に関する現代の考えは、H2、CH4、NH3、H2Oからなる還元性雰囲気で生命が誕生したというオパーリンの提案に従ったものである。 ミラーは、このような雰囲気の中でアミノ酸が自然に生成されることを示し、単純なタンパク質はこのようなアミノ酸から生成されたと思われる。 DNA複製と現代型タンパク質合成の起源については、現在、いくつかの説が対立している。
自然発生(Spontaneous generation)。 パスツール以前からある説で、生命は非生命体から容易に、かつ自然に発生しうるとするもの。
フランチェスコ・レディ(1600年代)。 ハエの自然発生を否定。ハエの幼虫は腐った肉からではなく、小さな卵から発生することを示した。
細菌の発見につながる。 初期の実験は滅菌が不十分であったため、細菌が非生物から発生することを示すように思われた。 滅菌技術を完成させ、それまでの実験をすべてやり直した。 彼は、適切に滅菌されたブロスは、細菌を排除すれば無菌状態を保つが、通常の空気には細菌が含まれており、予防措置を講じなければブロスを汚染する可能性があることを証明した。 このことから、生命は既存の生命からしか生まれないという生物発生説が唱えられた
アレクサンダー・オパーリン(1930年代)。 生命の起源は現在の条件下では不可能であり、原始地球の非常に異なった条件下で自然発生的に生命が誕生したと提唱した(原始生物発生)。 水素(H2)、メタン(CH4)、アンモニア(NH3)、水蒸気(H2O)を含む水素豊富な還元性大気でこそ生命が誕生したと仮定した。 J.B.S.ハルダンも同様の説を独自に提案したが、多くの科学者は1950年代までこれらの説を無視した。
S.L.ミラー(1950年代)。 H2、CH4、NH3、H2Oを無菌の装置に入れ、スパークを導入して雷を模擬することにより、オパーリンのアイデアを検証した。 この混合物を数日間循環させた後、生成物を分析し、多くのアミノ酸、いくつかの小さなペプチド、およびその他の有機化合物を発見した
化学進化と生命の起源。

  • 太陽系はおそらく渦巻く星雲から生まれ、中心が太陽、周辺に惑星が形成された。
  • アミノ酸は、おそらくミラーの実験の反応と同じような方法で発生したのでしょう。 化合物は原始的な池や海で溶けて、”熱い希薄なスープ “を形成した。
  • タンパク質とDNAは、より小さな単位を連結してポリマーとして形成することができるが、小さな単位が濃縮されるまではできない。 いくつかの濃縮メカニズム(潮だまり、結晶表面、泡状の液滴など)が提案されている。
  • 生命を持たずに作られた分子は通常対称か、右巻きと左巻きの割合が等しいが、生物系はほとんどが非対称の分子を含んでいる。 生物が作るアミノ酸はほとんどがL-(左巻き)型であるが、ミラーのような実験では右巻きと左巻きのアミノ酸が同じ割合で与えられた。 分子の非対称性は生命の重要な特性ですが、それがいつ、どのように生じたのか、正確には分かっていません。
  • ある時点で、生物系は脂質やタンパク質の膜のような表面を持つ小さな液滴を形成しました。 さまざまな権威がさまざまな種類の液滴を想像し、「コアセルベート」、「マイクロスフィア」、「プロトビオン」等と呼んでいる。
    一旦これらの液滴が形成されると、その内容物は外部で優勢な濃度や互いに非常に異なる濃度に達することができた(それらは個性を持ったものであった)。 特に、原始的な繁殖形態である、サイズを大きくしたり、より小さな液滴に分割したりできるものは、「原生淘汰」によって有利になったことは確かである。
  • タンパク質合成は、元々は今よりもずっと単純で、同じものを永続させるという点では、おそらくずっと信頼性が低かったと思われます。 酵素活性は偶然に生まれたのかもしれない。 DNA複製の起源は不明である。 少数の生化学者はDNA複製がタンパク質合成より先に来たと考えていますが、ほとんどの人は「タンパク質が先」という見方を支持しており、RNAとDNAはタンパク質合成をより確実にするために最初に選択されたと考えています。 現在までに、太陽系の他の場所でミラー式にアミノ酸、窒素塩基、その他の化合物が合成されていることを示す多くの証拠が存在する。 地球以外の場所で生命が誕生したという確たる証拠はまだ見つかっていないが、多くの科学者がそのような起源は非常にあり得ると考えている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。