article-image
ネアンデルタール人の模型(ロンドンの自然史博物館所蔵)。 Allan Henderson/CC BY 2.0

ホモ・サピエンスよりがっしりしていて、骨盤が重く、胸が樽状になっているネアンデルタール人は、独特な輪郭の頭蓋骨を持っていました。 これまでの研究では、これらのユニークな特徴-傾斜した頬骨、突き出た顔、球根状と表現するのが妥当な鼻-は、第三の手のようにつかむのに使用できるほど強力な噛み合わせを指していることが示唆されている。 しかし、今週『Proceedings of the Royal Society B』誌に発表された新しい研究は、別の説を示唆している。 ネアンデルタール人の顔の構造は、寒冷地で深く呼吸するのに役立ち、冷たく乾燥した空気が鼻腔の周りを移動するのを可能にしました。

オーストラリアの科学者は、ネアンデルタール人と現代人、そして第三の人類であるHomo Heidelbergensisの3次元デジタル復元を使用しました。 その結果、ネアンデルタール人の咬み合わせは、私たちの咬み合わせと変わらないか、あるいはもっと弱かった可能性があることがわかりました。 「シミュレーションの結果、現代人は強く噛むことができ、しかも弱い顎の筋肉で噛んでいるという驚くべき結果が得られました。 私たち現代人は、非常に効率的に咬むことができることがわかりました」と、この研究の主執筆者である Stephen Wroe は The Guardian に語りました。

しかし、冷たく乾いた空気を取り込み、それを温めて湿らせることに関しては、ネアンデルタール人はかなり優位に立っていました。 その上、ネアンデルタール人は鼻孔が大きかったようで、私たちよりも速く鼻孔に空気を送り込むことができました。 「ネアンデルタール人のカロリー需要は、我々のそれと比較すると非常に大きかったのです」と共著者のクリス・ストリンガーはガーディアン紙に語った。 「ネアンデルタール人はたくさん動き回っており、おそらく効率の悪い衣服を着ていたため、体を温めるために体脂肪をたくさん燃やさなければならなかったのです」

いくつかの新しい研究は、以前は人間特有のものと考えられていた行動をネアンデルタール人が行っていたかもしれないと示唆していますが、今回の論文のように、彼らが独自の特定の身体特性を持っていたということを示す論文もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。