甘い飲み物を飲みすぎることは、体に余分なエネルギーを脂肪の形で蓄えることになるので、ソーダの飲みすぎは、太りすぎや肥満の発症に一役買うことになります

研究により、太りすぎや肥満は2型糖尿病などの危険因子であることが示されています。

2015年にまとめられた関連研究のレビューでは、正確な生物学的メカニズムは不明のままであるものの、糖尿病と砂糖で甘くした飲料の関係が確認されました

2010年にThe American Journal of Clinical Nutritionが発表したある研究では、8年間にわたり91,249人の女性看護師の食事と健康との関係について調査が行われています。 その結果、グリセミック指数(GI)が高い食事、つまり血糖値の急上昇を引き起こす消化の早い食べ物や飲み物と、2型糖尿病の間に関連があることがわかりました。

糖尿病に関わる他の既知のリスクや食事の要因を考慮しても、糖尿病のリスクは高いことがわかりました。 実際、高エネルギー摂取に関連する糖尿病リスクは、不健康な脂肪を摂取する場合よりも大きかった。

著者らは、高糖分摂取が糖尿病につながる可能性があるプロセスを次のように説明している。 これは、細胞からのグルコース不耐性をもたらす可能性があります。

  • 高GIダイエットは、したがって、直接インスリン抵抗性を増加させる可能性があります。
  • ソーダは非常に高いGIを持っているので、それは十分にこのプロセスに寄与するかもしれません。

    レビューはまた、高い砂糖摂取が総消費エネルギーを増やすことにより肥満に追加するという提案を支持しています。

    言い換えれば、砂糖入り飲料が 1 日の全体的な摂取カロリーを増やすので、カロリーの増加は体重の増加につながる可能性が高いのです。

    この論文は、砂糖入り飲料が 2 型糖尿病をより直接に引き起こすという考えについても調査しています。 この分野の研究では、まだ肥満など他の要因を排除できておらず、さらなる研究が必要であると結論付けています。

    砂糖入り飲料と糖尿病の関係を調べた2013年のケース・コホート研究では、2型糖尿病の11,684人と糖尿病ではない15,374人のソーダ摂取習慣に関するデータを比較しました。

    研究チームは、砂糖入り飲料を毎日1本以上飲んでいる人は、月に1本以下の人に比べて糖尿病のリスクが高いことを発見しました。 エネルギー摂取量と体格指数(BMI)を考慮しても、炭酸飲料をよく飲む人は依然として2型糖尿病のリスクが高かった。

    報告書の著者は、砂糖入り飲料が2型糖尿病を引き起こす可能性について推測したが、他の研究者と同様に、確固たる結論を提示することはできなかった。 彼らの研究は、ソーダと糖尿病リスクの間の直接的な因果関係を証明することはできず、ただ2つの間に相関関係があるだけです。

    しかしながら、著者らは、その関連性が、「体重増加への影響」、および砂糖入り飲料の「グリセミック効果」「グルコースとインシュリンの急激な上昇の誘発とインシュリン抵抗性の原因」

    によるものかもしれないと示唆しています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。