グリーン ビルディングの定義

国際都市/郡管理協会(ICMA)が定義するグリーン ビルディングとは、健康で快適、コスト効率が良く、環境に優しい生活・労働環境を設計・構築する統合アプローチである。 グリーンビルディングの実践は、持続可能な敷地の開発、水とエネルギーの効率の向上、廃棄物と排出物の削減、環境に優しい建築材料の使用、従来の設計よりも効率的に室内環境の質を高めることに主に焦点を当てています。

 ウィルミントンのデュポン社の実験場

は米国グリーンビルディング協会より LEED Existing Building Certification を授与されました、出典:Willmington..: デュポン

エネルギー効率の悪い商業ビルや住宅は、地域社会の持続可能性に悪影響を及ぼす環境問題の高まりにつながっています。 米国エネルギー情報局(EIA)の報告によると、これらの建物は、米国における温室効果ガス排出量の3分の1を占め、またエネルギーの約3分の1、電力の3分の2を消費しているとのことです。 統合的なアプローチを通じて、地方自治体は、経済発展を促進し、環境を保護し、持続可能なコミュニティの基盤を促進しながら、建物の運用方法を変える機会を得ます。

グリーンビルディングの実践に戻る|次は、グリーンビルディング実践の指導原則へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。