通常、精神疾患は他の人には見えないところで影響を与えるという話をしますが、強迫性障害(OCD)では、必ずしもそうとは限りません。 強迫観念の多くは(全てではありませんが)外見に現れるため、オーブンがついているかどうか確認するために起き上がったり、「ちょうどいい」と感じるために3回叩いたり、血が出るまで手を洗ったり、これらの行動を隠すことは難しいかもしれません

そこで、マイティのコミュニティで、強迫性障害を持つ人々に強迫性障害のために身につけた「習慣」を教えていただきました。 これらの習慣が強迫観念そのものであろうと、強迫観念のために現れているものであろうと、OCDを持つ人が何を経験しているのかを理解する助けになるかもしれません。

1. “お店でおつりを受け取るとき、財布の中で同じように向き合いながら、お金を宗派順に並べます。 後ろの人はハッとするけど、その場でやらないと不安になる。 今は彼氏もやっていますが、それは彼がお金を払いに行った時の私の反応を一度見てしまったからです。” – Ann L.

2. “携帯のタブをすべて閉じ、通知をすべて消去し、画面をブラックアウトする。 1つでも開いたり、画面をつけたままにしておくと、直すまで継続的にストレスになるんです。 他の人のスマホで延々と通知やタブが開いているだけのものを見るとすごく不安になるけど、自分のスマホじゃないから直さないようにしてる。” – Sabrae M.

3. “自分の肌を毟ること。 皮膚糸状菌症です。 最悪の時は、そばかすを掘ったり、掻き出したりします(今夜のように)。 そうでない日は、顔を洗ってニキビを探します。 自分ではコントロールできない強迫観念です。 仕事中も、引っ掻いたり、こすったり、何気なく摘んでいる自分に気づきました。 特に不快な状況下では” – Chynna R.

4. “私は強迫観念・悩みを慰める/落ち着かせるための検証として、私が求めている直接的な答えをくれるとわかっている人に間接的に質問をします。 直接的に質問しないのは、それが人を困らせるとわかっているからで、特にそれを繰り返し行うと、そうなります。 しかし、間接的な質問をすれば、私が求めている答え/検証が得られるし、人を困らせることも少ないようです。” – ケイリーE.

5. “本当に奇妙なことですが…私は呪文を唱えます。 なぜ親指がピクピクしているのか、なぜ話し終わった後に唇が動くのか、何度も何度も聞かれましたが、それは今話した言葉を物理的に綴ろうとしてるからなのです。 不思議ですよね。 – エリザベスA.

6. “私はあらゆることを数えます! 階段を上ること? 数えます。 部屋の中で? 絵画の数、小物の数などを数える。 M&Ms を食べる? 色で分けてから数える。” – Laura A.

7. “私は2の倍数で物を買います。 1つしか必要ないものでも、2つ買います。 それも偶数のものを。 ほとんどモンクの番組に出てくるようなものだ。 あの番組には本当に共感します。” – Melody A.

8. “テレビやラジオ、会話で聞いた言葉を「エアキーボード」に指で打ち込んでいます。 誰にも見られないように控えめにやっていますが…学生時代にクラリネットを吹いていた時、ラジオを聴くと「エア・クラリネット」で聴いた音を「指で」出していました…意味がわかるかな?” – ジェシカJ.

9. “忘れ物をしたフリをして、鍵・オーブンの確認に(何度も)戻ることができるようにする。 子供の頃、押し寄せる思考が包丁で危害を加えると思わせ、食器を片付けるのを拒否したのを鮮明に覚えています。” – ジェン・L.

10. “私は常にポケットの中の携帯電話、鍵、財布などをチェックしていて、文字通り両手で「三角形」をしているように見えるほどです。 ちょっと恥ずかしくて、誰かに見られたり指摘されるまで、自分では気づかないことがほとんどです。” – チャーリーB.

11. “自分が気になる人の問題に対して、自分が責任を負っているように感じる。 誰かが何かに怒っているかもしれないと思ったら、何か助けになるようなヒントを投げかけようとします。彼らはいつもとても混乱しているようですが、もし私が彼らを幸せにできないのなら、それはすべて私のせいだと感じています。 だから、知り合いがみんな幸せでないと、いつも罪悪感を感じてしまうんです。” – ケリーG.

12. “何度も何度も確認すること。 すでに確認したことでも、自分が正しかったかどうか、もう一度確認しなければならない。 あるいは、そうしないと何か悪いことが起こるような気がして、ある方法・あるパターンで物事を行わなければならない。” – エリンH.

13. “何も悪いことをしていなくても、「ごめんなさい」と言うこと。 家族にも友達にも「ごめんね」と言うにしても、何度も言って「怒ってる?」と一緒に聞くことが多い。” – テイラーC.

14. “私は物を言ってから、今言ったことを口にする。 車に乗り降りするとき、ドアを2回開け閉めする。 手を2回続けて洗ったり、歯を2回続けて磨いたりすることもある。” – ジョンR.

15. “看板、チラシ、ビルボードなどで見た言葉を、自分の頭の中で母音を抜いて書き換えること。 また、地方に住んでいるので、1日に初めて牛を見たときに『もー』と言わなければならない。 (毎日ではないですが)『モー』と言わないと、何か恐ろしいことが起こるんです。 説明してみると、本当に珠玉の言葉ですね。” – ジェニファー・R.

16. “携帯電話のアラームを確認すること。 手に取って見るだけならいいんだけど、10秒以上経ってから、本当にセットしたかどうか、もう一度確認するんだ。” – シェリルF.

17. “言おうと思っていることを頭の中でリハーサルして、会話のリハーサルをするのですが、自分では気づかないうちに、その最中につぶやいたり、息をひそめてつぶやいたりすることがあり、人が立ち止まって何を言ったのか、何を言っているのかを聞いてくることがあります。 そうすると、すごく気まずくなって、どう答えていいかわからなくなるんです。” – かC.

18. “家族の集まりで、みんなで食べ物を持ち寄るとき、私は一品だけ持ってくることができず、4、5品持ってきます。 普通の量のものは作れず、足りなくなるのが怖くて過剰な量のものを持っていかざるを得ません。” – デビーS.

19. “食料品店で会計をするとき、商品をベルトコンベアーに一定の方法でセットしなければならない。 子供たちは私がカートから荷物を下ろすのを手伝おうとしますが、うまくいかないと不安になります。 子供たちは、私の好きなようにカートを降ろすことを覚えました。 正直、私の心の中を理解してもらえず、強迫性障害や不安のせいだと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいです…そのせいで大人になった時に嫌われそうな気がしています。 だから、私が彼らを矯正して、彼らが「完璧」でないと感じるのを避けるために、多くの場合、自分で何かをすることにしています。 それが嫌なんです。” – ジェシカJ.

20. “新しい文章を書くたびに、その前に鉛筆をたたくこと。” – オリビアR.

21. “同じ質問を何度も何度もすること。 同じ人に。 同じ答えを得ること。 万が一、最初の5回で聞き間違えてしまったときのために。” – サムF.

22. “お釣りやお札を何度も数えること、レジ打ちをしていた時に超目立ちました。 12345, 12345, 12345…” – Susan S.

23. “時間の凍結”。 ソファやベッドに座ったり寝転んだりして、仕事や日常生活を避けている。 自分を凍らせることで、悪いことは起きないという誤った感覚を持つようになる。 あなたは怠惰を見、私は「安全」を見ます。 私が動かなければ、何も悪いことは起きないのです。” – クリッシー・M.

24. “絶対に完璧になるまで、一つの部屋や場所を何週間も繰り返し掃除することに執着しているため、家の大部分を不潔にしてしまうこと…” – タラ・L.

25. “毎日同じ服を着るのは、前の日に着て何も悪いことが起こらなかったからで、それが続くことを願っている。 また、悪いことが起こらないようにと願い、毎日同じ食事をする傾向があります。” – ジェイド・M.

26. “私がきちんと注意を払っていないように見えるとしたら、それは私の目が忙しく回転しているからです。 これは、私が止める強さと精神力を見つけることができるまで、10回以上続くかもしれません。 時々、私のチックが不完全なままだったので、変な気持ちでそのままにしておくこともあります。” – ジェイドG.

27. “私はノイズをたくさんつけています。 特に運転中。 トークラジオ、ニュース、忙しいものは何でも。 夫がおかしくなりそうですが、これらが私の侵入的思考を遠ざけてくれます。 私の場合は、運転中が特にひどいです。 あまりにひどいので車を止めなければならないこともありますが、ニュースラジオの雑音と気晴らしで本当に変わりました。” – Cassie B.

What would you add?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。