アイスクリームを適度に食べると、甘いものが欲しくなったり、甘いものが食べたくなったりするものです。 しかし、このおいしいデザートへの愛を、定期的に少しやり過ぎると、どうなるのでしょうか。 Eat This, Not That!が示すように、気分が良くなるなど、良い結果が待っているはずです。 糖分補給だけではありません。 アイスクリームは炭水化物を多く含むので、セロトニンレベルが上昇し、幸せな気分になることが期待できます。 また、アイスクリームに含まれる糖分は、タンパク質の分解を止め、筋肉を強化することができます。 驚いたことに、この記事には、ある研究でアイスクリームが生殖機能を助ける可能性があることがわかったとも書かれています。 しかし、残念ながら、アイスクリームを過剰に食べることのデメリットは、メリットよりも大きいのです。 お腹に余分な脂肪がついて肥満になる可能性が高くなる、疲れを感じる、心臓病のリスクがある、お腹が膨れる、頭がぼーっとする、中毒になる可能性がある、などなど、いつもの容疑者がここにいるのです。 また、SFGateは、アイスクリームに含まれる乳糖が、不耐性の人にとって問題となる可能性があると述べています。 食べることに気を配ることは大切ですが、同時にアイスクリームを楽しむことも忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。