Sam Edwards/Getty

Sam Edwards/Getty

仕事で長い1日を過ごした後は、帰宅してお風呂に入れるのが何より嬉しいものです。 キャンドルと強い酒を加えれば、すべての問題は解決するのでしょうか?

普通のお湯でもリラックスできるかもしれませんが、家にある食材を1~2種類加えるだけで、お風呂は気持ちを落ち着かせるだけでなく、肌の悩みを解決してくれるものにもなります。 オリーブオイルからゼリーまで、お風呂に何を入れれば、肌にも心にもいいのかをご紹介します。 重曹を加えたお風呂に体を沈めるだけで、鎮静化し、炎症を緩和し、肌を癒してくれます。 アルコール、カフェイン、ニコチン、薬などのデトックスにも最適です。

ゼリー

意外にも、お風呂に6~7包ほどのゼリーの粉(できれば無糖)を入れるだけで、肌が潤い、気分が上がり、肌が超ソフトになるのだそうです。 お風呂に入れた後、ゼリーを飲んだり食べたりすることは避けたいので、味ではなく香りでゼリーを選ぶようにしましょう。 洗顔について誰も教えてくれない10のこと

エプソムソルト

数えきれないほどの健康効果があるのはもちろんですが、お風呂に約2カップのエプソムソルトを入れると、痛みが和らぎ、炎症を抑え、心も体もリラックスするのだそうです。

ショウガ

体調が悪いときは、流したお湯にすりおろしたショウガをカップ半分ほど入れると、風邪やインフルエンザの症状を和らげることができるそうです。 体調が悪くなくても、推奨量の生姜をお風呂に入れることで、筋肉の痛みを和らげ、体内の毒素を排出し、文字通り皮膚の温度を上げ、気持ちよく温まることができます!

緑茶

緑茶がどれだけ体に良いかは、皆さんご存知でしょう。 緑茶に浸かっているところを想像してみてください。 必要なものはティーバッグ6個と、浴槽いっぱいのお湯です。 15~20分ほど浸けてから、取り出してください。 緑茶は抗酸化作用と解毒作用があることで知られているので、この魔法のような成分をお風呂に入れると、アンチエイジング、バランス、クレンジングの効果がたくさん得られることがわかります。 レモンはリフレッシュし、毛穴を小さくして肌を蘇らせるので、私たちは癒しと気分転換のために、お風呂にレモンを入れるのが大好きです。 乾燥した手を捨てる。

オリーブオイル

多くのオイルは、肌を美しく、柔らかくしますが、その中でも特に気に入って使っているのがオリーブオイルです。 大さじ5杯のエキストラバージンオリーブオイルをお風呂のお湯に入れ、入浴するだけです。 また、「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」「痒いところに手が届く」。 もう一つの利点は?

シナモン

特にホリデーシーズンには、シナモンの香りのするものに夢中になりますよね。 シナモンスティック(3~4本)でも、パウダー(チーズクロスに1/4カップ)でも、このお祭りのスパイスをお風呂に入れると、超爽快、デトックス、そして天然の消毒作用と収斂作用で吹き出物を一瞬で治してくれるでしょう。 乳製品に含まれる乳酸は、天然の角質除去剤として働き、古い角質を取り除いて、その下に隠れていたより新鮮で若々しい肌を現します。 もちろん、ビタミンやミネラルも豊富で、老化の進行を遅らせ、肌本来の弾力性を保ちます。

オートミール

乾燥肌、かゆみがある人は、お風呂にオートミールを入れると、肌が絶対好きになりますよ。 チーズクロスの中にオートミールを1/4~3/4カップほど入れます(お風呂が食用オートミールの詰まった巨大な浴槽にならないように)。 これを温かいお湯に入れ、柔らかくなった肌に飛び乗るのです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。